お泊リンダ~♪ リンダ・リンダ・リンダ~♪

8月5日・6日の2日間で仙台七夕祭りに行ってきました~♪

とまー 今となっては余裕で話せますが、、、

実際は私、、今回ちょっとだけ緊張感をもって臨んだ旅行だったんです(T_T)





ナゼなら、お泊り旅行で夫婦2人っきりは久しぶりすぎるのです。

子供無しでのお泊りなんて、おそらく20年以上ぶりのハズ。

日帰りのお出かけと違って丸2日間ずっと二人きりになるワケだし~

ケンカでもしてせっかくの旅行を台無しにしたらどうしようか。。

もし、妻の気分を損ねるようなことを してしまったり言ってしまったりとか、、

『 なんか面白くなかった、二人旅行は当分よすわ!』 と言われたりしたら。。



『 久しぶりだったけど二人きりの旅行も楽しかった~ また今度いこーね~♪ 』

ナニがナンでも、そう言わせなくては。。

そんなプレッシャーがあったのです。

そんなこんなで旅行前日には、、まさかのトラベルブルー(笑)




だって今は、私たち夫婦にとって今後を占う大切な時期。

これから二人っきりの生活になっていくわけだし、、今まさにその入口にいるワケだし、、

妻に言ったら笑われそうですが、私は一人でそんな風に考えてしました。。




とはいえ、

ここ最近は二人お出かけはちょこちょこ行ってるし、

お昼ランチツアー、映画鑑賞ツアー、ご近所スーパー買い物ツアー(笑)

ま~ 多少意見が食い違うことがあっても険悪なムードになる前に私から謝れる自信あるし、、

プライドとか威厳なんてとっくに無いし、、元々無かったし(爆)

絶対大丈夫!ぜぇぇ~たい!だいじょ~ぶ!と自分に言い聞かせ、

もう一度はじめから訪問先リサーチ・・・ 





そうして迎えた旅行当日、、

念のためにと睡眠薬を飲んで寝たのが功を奏したのか ぐっすり眠れて~

絶好調で目覚めることができました~



さて、今回の旅行ですが、

自家用車で行く往復700㎞の旅。

私のワンマン運転で走りっぱなしの喋りっぱなし~(笑)

目的地は、日本最大級の七夕祭りとして著名な仙台七夕です。

ド派手で優雅、超豪華絢爛な飾りが大迫力~♪

仙台市内、周辺商店街をはじめ街中全てが色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされ~

毎年全国から200万人が押し寄せる、杜の都仙台の一大イベント~♪

私たち夫婦としては23年ぶり2回目の訪問、前回妻は長男を身ごもっていて妊娠8か月(笑)

その時の映像が今でも強く印象に残っていています。

地元の七夕祭りとはケタ違いのド派手さに度肝を抜かれましたからね~

で、23年ぶりとなった今回は、メイン会場の近くにホテルをとりまして

前夜祭の花火大会と七夕初日を堪能してきました~♪




・・・それと、ついでに(笑)

私の大好きな《仮面ライダーの聖地》にも聖地巡礼して参りました~。







ではでは、1泊2日の弾丸旅 ~ はじまりまじまり~♪



8月5日(月)朝7:00 出発

       

東北自動車道 → 三陸自動車道 →
自宅から石ノ森章太郎萬画館まで約350㎞

       

長距離運転に慣れていないのと、私も妻もSA(サービスエリア)大好きコンビ。
お土産屋さんをブ~ラブラして、コーヒー飲んで、、の繰り返し(笑)
少し早めに出発したので時間の余裕もあったのですがの~んびりしすぎ。。
あちこちのSAへ寄り道しまくり しまくらちよこ(古っ)

♪ ねぇ~ オカシイでしょナニも買わずに
ねぇ~ おかしいでしょ私たち~
笑~い話にお腹がいっぱい~
お腹の中にはコーヒーがいいっぱい~♪

SAイロイロってか??

       

14:00  7時間もかかって、やっとこさ仙台石巻市に到着 ♪
SAでチョコチョコ食べてしまいこの時点で既にお腹いっぱい。。ちょっとお昼寝したい気分。。
DSCF1528

 この案内標識でテンションMAX~♪ 嬉しかった~♪
DSCF1528.jpg669

JR石巻駅から《 石ノ森章太郎 萬画館 》までの街中(約1㎞)の道のりはマンガロードと呼ばれていて
石ノ森章太郎氏の懐かしいマンガキャラクターがいたるところにいますよ~♪
その数、、現在まででなんと17体!
今後も増え続ける予定らしいです。

 いしのまきマンガロードマップ
map1

電車で来れば歩きながらゆっくり探せたのですが、私たちは車なので2体見付けるのがやっと。。
それでも1体でも多く見付けたくてキョロキョロしてたら、、
『 危ないから前見て運転して!』 と妻に怒られました~(笑)

DSCF1529

DSCF1791

DSCF1533
 ・・・なんか1つ違うのが混ざってる(笑)





 このUFOみたいなのが最初の目的地~石ノ森萬画館~
DSCF1532


まず入り口で出迎えてくれたのが〔シージェッター海斗〕!?
DSCF1539
・・って誰ですか?全く知らない(笑)

シージェッター海斗とは、宮城県石巻市のローカルヒーローらしい!?
ってことは、ご当地ゆるキャラ的な・・・?


スタッフさんがいたので尋ねたところ、
ゆるキャラが騒がれるずっと前から地域貢献の目的で誕生したご当地ローカルヒーローだそうです。
2004年に石ノ森章太郎さんのスケッチを元に誕生したらしい。
美しい海を守ってるんだとか云々。。。いくら聞いても心惹かれない~
昭和ヒーローをリスペクトしている私には、平成生まれのヒーローには抵抗をかんじます。← 昭和バカ(笑)


無題
 入口すぐ脇には、平成仮面ライダーの〔仮面ライダードライブ〕に登場した〔トライドロン〕という車。
テレビ放送を一度も観ていないので~ これまた全く知りませ~ん。。

わたし、、平成ライダーを観ること自体、、なんとなく浮気をしているように感じます ← 完全に昭和バカ(笑)


同じ車でも、イナズマンの〔ライジン号〕だったら大興奮だったのにな~ ♪
ライジン号
 はいコレが 〔ライジン号〕 
イナズマンも石ノ森章太郎先生の作品なのですよ~♪


・・・時代は変わってしまったのかとショボくれていると。。見覚えある温かみのあるシュルエット~♪
DSCF1543
 ロボコン見るとホッとするわ~なごみ系だわ(古っ)

以上、屋外展示でした~♪


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


館内に入ると、入場受付の頭上で懐かしのヒーローたちがお出迎えです。
『 今こそみんながひとつになる時 』
石巻の人々がヒーローたちに託した想いが伝わってきます。。

DSCF1549

石巻市は東日本大震災で大きな被害を受けています。
石巻漁港を擁する市中心部の高台を除くほぼ全域が津波に襲われ、
3184人が亡くなり、417人もの行方不明者を出すという甚大な被害。

私も震災の2年前と3年前に2回ほど【 夢メッセみやぎ 】という海沿いの大きな施設に、
JTこども将棋大会で行っていたため、テレビで夢メッセが崩壊する映像を見た時は衝撃で震えました。

8年経った現在は、住宅も建て替えられ道路も整備されていました。
ぱっと見は復興を遂げたようにも見えますが、
石巻市の人たちが負った心の傷は、たった8年では埋められるものではないでしょう。
被害に遭われました沢山の方々のご冥福をお祈り申し上げます。







さー!入館しますよ~♪
DSCF1619
精神年齢ですと中学生くらいですが、実年齢は私52才と妻49才なので1600円支払いました~(笑)
その昔、『 精神年齢が16才なので学生料金でいいですか~♪ 』 とかよく言ってたな。。← ドアホ



DSCF1617
ショーケースの中には仮面ライダーソフビがずら~り♪
一瞬テンションが上がりましたが、、よく見ると復刻版ばかりで残念。。


おっ!知ってる!!

DSCF1614
 仮面ライダーの原型:スカルマンです

仮面ライダー誕生秘話的な本には必ず載っているので割と知られています。
ちょっとだけ玄人好みのする伝説のヒーロースカルマン!!


ちょいウンチク
たぶん昭和45年ごろ、、
石ノ森章太郎さんはテレビ局から仮面をつけたヒーローものをやりたいとのオファーを受け、
上の写真にある〔 仮面ライダースカルマン 〕を提案した。
・・・が、テレビ局サイドは『 食事の時間帯の番組なのにガイコツがモチーフのキャラクターでは困る』
との理由でNGを出したそうです。
それでもスカルマンのデザイン性を惜しんだ石ノ森さんは、スカルマンの顏が昆虫に似ていることに気付き、
昆虫のバッタをモチーフにした仮面ライダー1号を誕生させたのでした~
その頃私は小学校入学ちょい前、、対象年齢ど真ん中!
まんまとハマリしましたよ~(笑)


 スカルマンは単行本のみ発売されました。
DSCF1981


DSCF1989
 私も初版を持っています♪ [ 昭和45年7月10日 第1刷発行 ]



・・・と、あれっ? 1号ライダー??
DSCF1556
偶然に、おサボリ中の仮面ライダー1号を発見しました~(笑)
これにはさすがに呆れてしまい、ついお説教しちゃいました。← ドアホ
『 みんな待っているのに、こんなところでサボっていちゃダメでしょ!』
お説教のあと(笑)隣りに座らせてもらいツーショット写真も撮りました~




・・っと上を見上げるとまたまたロボコ~ン ♪
DSCF1616
ロボパー、ロボプー、ロボワル等々、ロボット学校の仲間たちもいてほしかったな~。



 仮面ライダーの生みの親、石ノ森章太郎大先生
DSCF1552
ここには写真年表があり、石ノ森先生のヒストリーを知ることが出来ます。
また、写真は取り損ねましたが、かの有名なトキワ荘の模型も展示されていました。
石ノ森先生は18才~23才までの5年間住んでいました。
トキワ荘は1982年に老朽化のため取り壊されていますが、、未だに日本漫画の聖地

そしてそして~、これまた有名な話しですが同時期のトキワ荘の住民がスゴーーイ!
手塚治虫を筆頭に、藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄赤A)、
塚不二夫、よこたとくお、水野英子、そして石ノ森章太郎 と、、まさに超ドリームチーム

トキワ荘に出入りしていた人物もスゴイ人ばかり。
つのだじろう、しのだひでお、園山俊二などたくさん。
トキワ荘は、当時の日本中の天才が集まって切磋琢磨した場所だったのですね。


石ノ森章太郎さんの代表作を紹介します。
・スカルマン
・仮面ライダー
・がんばれロボコン
・変身忍者 嵐
・秘密戦隊ゴレンジャー
・人造人間キカイダー
・イナズマン
・快傑ズバット
・ロボット刑事K
・超神ビビューン
・宇宙鉄人キョーダイン
・アクマイザースリー
・サイボーグ009
・ジャッカー電撃隊
・がんばれ!それゆけレッドビッキーズ
・星の子チョビン
・さるとびえっちゃん

以上が有名どころですが、もっとも~とタケモット!ピアノ売ってちょうだいなのです。
私も知らない傑作がもっともっと沢山あるようです。
石ノ森章太郎さんは1998年に60歳の時に心不全で亡くなられていますが、
ギネス・ワールド・レコーズから 《 一人の著者によって出版された最多コミックスの記録》
として世界記録の認定を受けています。

石ノ森章太郎さんは筆が早いことでも有名で、一晩で50ページを書き上げた伝説があり、
師である手塚治虫さんからも 『 漫画の神様 』と称されています。

マジンガーZの原作者である永井豪さんは、
石ノ森章太郎さんの元アシスタントでした。
永井豪さんも、『 石ノ森章太郎さんは、普通の人の5倍のスピードで作品を描く天才』
と言っています。


私の所有している単行本の中から、原作が石ノ森章太郎さんの作品だけを抜粋してみました。
DSCF1995
やはり石ノ森作品は多く50冊を超えていました。
因みに、単行本も出来るだけ当時物で集めていますので復刻版はありません。


単行本以外でもブリキ玩具、ソフビ玩具、変身ベルト、バッチ、ペンダント、5円引きブロマイド等々
石ノ森作品は沢山ありすぎて、ちゃぶ台に乗らないのでやめときます。


なので今回はちょっと珍しいモノを紹介します。
数ある石ノ森作品の中でも、代表作となった仮面ライダーの珍品を2点ほど。

 私のブログでは初公開の2点です。
DSCF2014


エンゼル製:ブリキ仮面ライダー
DSCF2049

DSCF2033

DSCF2045
 このロゴマークが貴重。今でもゼンマイで動きますよ~♪

やっとの思いで入手したブリキの仮面ライダーです。
コレクターの間では『 エンゼル製 二足歩行 仮面ライダー 』 と呼ばれているもの。
※ エンゼル製は〔二足歩行タイプ〕の他に〔飛行タイプ〕があります。

エンゼル社とはかつて存在した国内玩具メーカー。
ハッキリとはわかりませんが、ネットで探しても見当たらないので倒産したと思われます。
当時のブリキ玩具製造メーカーは野村トーイ、増田屋、タカトク、アルプス、堀川玩具、萬代屋 等々
たくさんありましたが現在は殆どがブリキ玩具製造を撤退したり、倒産したりして残っていません。

ブリキの仮面ライダーは復刻版も発売されていますが造形も色合いも全くの別物です。
私は当時物のエンゼル製で尚且つ劣化の少ない程度の良いものを探していました。
やっと手に入れたものなので大切にしていこうと思います。


タカトク製:アタッシュケースセット
DSCF2059
 外箱です。現行品かと思うくらい綺麗な状態 ♪

DSCF2052

DSCF2053

DSCF2065
 ケースの中も外箱と同じ絵ズラ

DSCF2072
 透明なビニールで包まれていますが、、破って中の手帳が見たい。。

入手経路は某コレクターさんから譲り受け品。
知人の知人という私は一度も会ったことのない方(笑)
割と最近なのでこれもブログ初公開。
品物は外箱の日焼けもない完全デッドストック品です。
ありがたや ありがたや~♪


さて2階に上がります。(石ノ森萬画館は3階建てです)

〔 サイボーグ009の世界 〕
DSCF1562

DSCF1564
 等身大の005 ジェロニモは強そ~♪ 

DSCF1565
 003のフランソワ、、大好きです(笑)

DSCF1567
 001 イワンウィスキーは超能力で空中浮遊?


〔仮面ライダーの世界〕
DSCF1571
 写真へたっぴでした。。

DSCF1576
 照明が明るすぎて写真が白飛びしてます。

DSCF1578
 私も似たようなモノを持ってますが Ⅹとストロンガーがありません。。


〔 人造人間キカイダーの世界 〕
DSCF1595

DSCF1590
 照明の演出がカッコイイ!

キカイダーは良心回路と服従回路に悩まされた、異色の哀愁漂う泣けるヒーロー。
石ノ森章太郎さんの作品の中でも、異色の存在感があった物語的にも深イィ~作品です。
テレビ版より更に更に深い漫画版を読んでほしいです。
数多くの昭和っ子がキカイダーで石ノ森章太郎さんをリスペクトしています。

私にとって一番好きなヒーローは理屈抜きで仮面ライダーV3なのですが、
その内容をほとんど憶えていません。
たぶんそれは、、内容が無いよう。。← ヤッチマッタナー
正義のヒーローは、悪者がどんなに強くても必ず勝つのだ!・・・それはそれでカッコイイのですが。。

この当時、幼かった私が特に印象深く憶えているのはキカイダーに出てきたビジンダーの涙。。
かなりショッキングな出来事として憶えています。。
ヒーローを人間のように涙を流す設定にした石ノ森章太郎さんの感性がスッゴイです。

ヒーローは迷い無く強くカッコイイ!
それが当時のヒーローの定説、迷いなくブレない完全無欠のヒーロー♪
しかーし、、キカイダーはいつも悩み苦しみ、、
良心回路が不完全ということを全面に押し出しストーリーを展開させていました。
そして最終的には仲間を破壊してしまう衝撃的なシーン。。
今更ながらですが本当に天才だったのだと改めて思います。

でもって~敵役のハカイダーがこれまた深イ~んですけど、、
コレを語ってしまうと更に長くなるし解らない人の方が多いと思うのでやめます(笑)
そろそろ次の仙台七夕祭りに辿り着きたいので。
気になる人は漫画版を読んでくださいマセマセ。。



さ~て、萬画館の3階に上がりますよ~♪
3階は資料とか図書館とかイロイロ。。← 興味がないトコはテキトー

DSCF1598

石ノ森章太郎さんは、マンガは「あらゆる事象を表現でき」、「無限大の可能性を持つ」と考え、
マンガを「萬画」と表記し、自身を萬画家と名乗っていました。
石ノ森萬画館をはじめ、石巻市街地のあちこちで「萬画」の表記が見られるのは、
石巻市民が彼の遺志を受け継いだものなのです。
石ノ森章太郎さんが「萬画」についての考えを表明した《 萬画宣言 》も、
この3階の紹介コーナーで読むことができます。



 3階から1階に降りる通路に飾られていたプレートに注目!
DSCF1611

DSCF1609

DSCF1604

DSCF1606

DSCF1605

DSCF1608

以上、ざっとですが萬画館の紹介でした。
途中あまり興味の無い展示ブースはスルーしています。。スミマセン
写真撮影は原画以外は全てOKとのこと。


最後に、石ノ森萬画館の感想です。
私のような仮面ライダー世代で、更に石ノ森章太郎さんをある程度知っている人には、
正直なところ期待したほどではなかったかな。。
満足度を星三つでいうならば、私は★1つ半。。
石ノ森先生をあまり知らない平成生まれの子供たちであれば、★2つ。。ってとこでしょうか。。

ツマラナくはないけど物足りなさを感じました。
関東から350㎞の道のりをかけて訪れた場合は家族に怒られる可能性あり。

とはいえ、
仮面ライダーをはじめ数々の大人気ヒーローを生んだ石ノ森章太郎さん存在は大きいので、
私も一度は行ってみたいとずっと思っていた場所でした。
なのでそういった面での満足感は充分にあります。
マンガロード散策と組み合わせてじっくり堪能出来れば満足度もあがることでしょう。


萬画館をあとにした私たちが次に向かったのは、
石巻市復興の拠点となっている〔 いしのまき元気市場 〕、ここで腹ごしらえ ♪
萬画館から北上川をまたいでスグの場所にあります。

DSCF1622
 〔 いしのまき元気市場 〕の外観は撮り忘れましたが、入口の仮面ライダーは撮ったゾー

こちら1階は石巻の名産品や新鮮な海の幸満載の海鮮市場となっていて、
私たちが目指したのはその2階の元気食堂~♪

DSCF1626
 そしてそして~そのお目当てがこちら~♪
元気食堂の一番人気!その名も〔元気丼:1250円〕 安っ!!

妻は普通盛り、私は大盛り、+あら汁のセットにしました。
ここで早くも妻はビールが飲みたくなったらしい
これは妻の習性で、楽しい時や非日常を感じた時にビールが飲みたくなるのです(笑)

結果、海鮮をおつまみにコピコピ、残ったご飯は私がたべまして、、、
元々この時点でお腹が減っていたわけでもないのにいつもの習慣(笑)で大盛りを頼んでしまったから、
大盛り+普通盛りのご飯のみ=お腹パンパンでお昼寝したい。。・・となったワケです(爆)



がしかーし、次なる目的地まで60㎞あります。
ここでお昼寝したらヤバいので、眠くなる前に出発です!

元気をもらった石巻にお別れです。
石巻さよーなら~ またくるからね~




途中、車の窓から松島が見えました
DSCF1634

前回の仙台旅行(23年前)では昭和レトロなど全く興味が無かった頃なので、
仙台七夕と松島の遊覧船をセットにしていました。
遊覧船からカモメに餌をあげている妻の写真があります。
妻がまだ天使にみえていたころのお話しです(爆)



仙台市内に到着~♪ 
DSCF1638
 この日は前夜祭なので翌日朝に飾り付ける立派な竹のみが並んでいます。

宿泊先はこの七夕会場から歩いて数分のリッチモンドホテルにとりました。
ホテルにチェックインしたのが20時ちょっと前でした。
チョットだけひと休みして21時からの花火を観るために歩いて出発!

DSCF1660

DSCF1641

前夜祭の花火は人が多すぎて写真に撮るのを忘れる程でした(T_T)

DSCF1667
 ホテルは素泊まりにしてあったので花火の帰り道、この居酒屋で夕食をいただきました。

DSCF16696
 ホテルに帰ったら寝るだけなので2人で乾杯~♪
名物の牛タンも此処でやっと食べることができたし、やわらかくて美味しかった~♪
・・・そんな感じで仙台の夜は更けていきましたとさ、、チャンチャン


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


でもって朝~♪

起きたらシャワーだけ浴びて~速攻チェックアウト。
そして目指すは〔杜の市場〕で朝食~♪

朝ごはん~♪
DSCF1817
 朝からビール飲むのかい!?と聞くと、、『 今日は特別なのよ 』 とのこと。。(笑)


仙台場外市場〔杜の市場〕は朝から活気があって私もテンション上がりました~♪
市場内には海鮮食堂が数店あります。
『 今日はウニ丼いくよ~!』 と調子こいていましたが値段を見ると1人4千円。。。
『 いいよ食べたかったんでしょ 』 と妻は言ってくれましたが、、私がオジケヅキました。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
まだお土産も買ってないしと結局無難な海鮮丼。。
私にとって、《 栄光のウニ丼 》 はまだまだ遠い存在だったようです(笑)


DSCF1827
 よーく見ると、、ちょとだけウニも乗ってる~ ♪

DSCF1802

DSCF1812
 杜の都でウニ丼の聖地を見付けました。。よーし、次は来た時は必ず食ってやるぞ~!!



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


さ~て、、お腹も満足した事だし七夕祭りへGO~

DSCF1681 - コピー
 昨夜のアーケード商店街に戻ってみると少し早かったのかまだ準備中。
朝の9時に一斉に飾り付けが始まり、10時までに完了させることになっているとのこと。
各店舗、周辺の学校等々、この日のために試行錯誤を繰り返し完成させた個性的な七夕飾りがたくさん。

DSCF1695

DSCF1713

DSCF1702

DSCF1682
ご年輩の方もいました。この暑さの中ですが本当にガンバっていました。

DSCF1684
 近寄ってみると本当に丁寧に細かく作られているのがわかります。

DSCF1700


DSCF1707

地元の方々一人一人の汗が日本最大級と呼ばれるイベントを支えている事を知って感動。。

DSCF1720
 アーケード街のマクドナルド2階席からの眺め。

実は前回来た時も2階のこの席に座ってハンバーガー食べました~ ♪
今回はお腹一杯なのでコーヒー飲みながら飾り付けが終わるのを待ってま~す。

DSCF1727 (2)

でもこのマック、23年前なので無くなっていても不思議ではなく、よくぞ有り続けてくれました。

特別な思い出があるワケでもなく、前回もハンバーガーを食べたダケでしたが、、
商店街の人に聞いて、まだあるよって言ってもらった時スゴク嬉しかったんです ♪

DSCF1703

そして そして・・・

DSCF1753

少しずつ飾り付けが完成してきました~♪

DSCF1766

DSCF1769

実際に見ると本当にキレイで大きくて見とれてしまいます。

DSCF1768


・・23年前の写真探しました。。

DSCF2082
 古いアルバム(23年前)をめくって探しましたよ~~ ♪

 ♪ 古いアルバムめくり~
ありがとうってつぶやいた~
いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ~

晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔~
想い出~ 遠くあせても~
おもかげ探して よみがえる日は~
涙そうそう~

歌詞:森山良子
作曲:BIGIN
唄 :夏川りみ


「 涙そうそう 」は沖縄の言葉で「 涙がぽろぽろこぼれ落ちる 」 という意味。。

28年前2 - コピー
 手つないでるし(笑) 肩からでっかいビデオカメラぶら下げてるし。。
妊娠8か月なのに仙台まできてるし。。(妻に許可を取りましたが8か月のお腹は隠してほしいとのこと)


この当時、SONYの3CCDカメラすっごく重たいのにいつも持ち歩いてました。
一眼レフは写真を撮って頂いているところなので写ってませんが Canon EOS Kisです。
カメラバックにはフィルムの予備とか交換レンズとかこれまた重たいものばかり。。
昔のお父さんたちはホント大変だったよね~(笑)


上の写真は23年前に仙台七夕祭りを訪れた私たち夫婦です。
この23年間って今思うと濃~い23年だったな~
この時、長男君はまだ妻のお腹の中、次男君に至ってはこの世に存在すらしていない。。

仙台七夕祭りは、23年前も豪華で優雅で人がたくさんいて、今回と何も変わりなく感じました。
でも、、私たちはずいぶん変わってしまった気がする。。
子供が生まれて4人家族になって、、辛いことも苦しいこともたくさん経験した。
皆そうだと思いますが、人生は山あり谷ありなのですね。
色々あったけど家族がいたからどうにか乗り越えてこれたのだと思っている。

もし今、ここにタイムマシンがあって
23年前の写真の頃まで戻れるとしても、私たち夫婦は今のままを選ぶと思う。
いや、、妻はちゃっかりタイムマシンに乗るかも(笑)

様々な場面で幾度となく失敗も繰り返してきたが、家族に対しては何事も出し惜しみせず
その時々を、その時々の限界ギリギリの綱渡りで乗り切ってこれた気がする。

いやまてよ、23年前と今ではずいぶん変わったと言いましたが、
ま~ったく変わっていないこともありま~す ♪
それはね、、、私たち夫婦の力関係!?
結婚前からの黄金比率 8:2の法則!と私は呼んでいる(爆)

今更こっぱずかしいのですが、好きの割合いです (ノ≧▽≦)ノ
2人合わせて10とした場合、妻は私を2割だけ、私は妻を8割も好きってこと ← キモイヨ
そんなこんなで、結婚前から今日までずっと足元みられてます(笑)
しかし、この比率ホントいつまで経っても変わらない。。

戦国時代なら お姫様と家来(私)。。または奴隷(私だよ)。。
だから私は、、常に笑かしたり笑われるようなことしたり自己犠牲なんてヘッチャラチャラ~(笑)
この力関係(パワーバランス)はこれから将来もまったく変わらないんだろうな。。たぶん。。
最近は芝奴隷も名乗るようになったし、、もしかして私自身が奴隷気質ってことかも(爆)




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


七夕祭りに戻ります。


おっ!

DSCF1780

お腹一杯だけど横手やきそばは別腹だからね(笑)

DSCF1783

ね~ 美味しそうでしょ~ ♪

DSCF1785

 私 『すみませ~ん ♪ 横手やきそばって美味しいですか?』 ← そう聞くのか(笑)

 おじさん 『 B1グランプリ優勝してるからね!』

 私 『えっ! B&Bが優勝したんですか?』 ← そう聞こえた(笑)

 おじさん 『 ・・・・なわけねーだろ!まー美味しいから買ってって!』

  『 おひとつ下さ~い ♪ 』 ← 空気読んだ?

  『 それとビールも1つ下さ~い ♪ 』 ← またか(爆)

DSCF1789
 一個だけ買って駐車場の車内で半分こして食べました ♪

二人ともお腹一杯なのに美味しかったです。。恐るべし横手やきそば
横手焼きそばは仙台から北上すること150㎞、秋田県横手市のB級グルメなので~す。


最後の〆はナゼか横手やきそばとなった仙台の旅(笑)
お腹も満足したところで仙台にさよなら~

今度は孫連れてくるからね~




8月6日(火)昼12:00 自宅に向けて出発
DSCF1832

妻は朝から気分が良いらしく ビールを飲み干すとスヤスヤ眠りはじめました。。
運転はモチロン奴隷の役目であります。。← ↑ ここ怒られたら即消します(笑)

DSCF1835

うわ~まだ300㎞以上ある~   

DSCF1833

さー 翌日からお仕事なので~ 帰りは一気にいきますよ~♪


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○


8月6日(火)17:00 自宅到着

無事、、妻の機嫌を損なうことなく帰ってこれました(笑)
次回の二人旅に繋げられたかな~とひと安心。


ところで、もう明日から9月ですね。
私の住む北関東も朝晩はだいぶ涼しくなってまいりました。
日中も一時期の猛暑はほぼ無くなりましたし、とても過ごしやすいです。
私は9月に入ると10月中旬ごろまではお仕事が忙しくなります。
妻と10月の下旬にはまた何処かに旅行したいね~と話しております。

あと半月もすると体感的にも秋を感じるようになるようです。
皆様も、実りの秋を楽しんでくださいマセマセ ♪



以上、〔石ノ森章太郎萬画館&仙台七夕祭り〕でした。
最後まで読んで下さった方、本当にありがとうございました~

にほんブログ村