♪ 出逢いは 風の中

恋に落ちた あの日から

気づかぬうちに心は

あなたを求めてた

泣かないで 恋心よ

願いが叶うなら

涙の河を越えて

すべてを 忘れたい

せつない片思い あなたは気づかない~♪


ご存知、小泉今日子さんの《 木枯らしに抱かれて 》です

1986年(昭和61年)にリリースされました。


・・・で私 この歌に、ドハマりしました。。
この歌、すっごく大好だったんですよ~ ♪
今となっては歌詞に共感したのかメロディーがよかったのかも忘れましたが。。
当時、EP盤のレコード買って何回もアホのように聴きてました


そしてそして、、私がリクエストして~♪
妻に歌ってもらった事も、もしかしたら100回位あったかも。。
カラオケいく度にオネダリしてましたから~。


 小泉今日子さんの《 木枯らしに抱かれて 》です
https://youtu.be/bL7cbj92594
(映像お借りしました)



ってなことで今回は、、、
世間がバブル景気に湧き立つ中、せつない片思いをしていたあの年
1986年(昭和61年)でございます。





 ’86ベスト表紙

今回も独断と偏見で選ばせてもらったベスト表紙がこちら~ ♪
 昭和61年4月10日号
DSCF5125
 18才の南野陽子さんで~す ♪
16才の時、『 名門私立女子高校』で女優デビュー。
歌手デビューは18才の誕生日、【 恥かしすぎて 】でアイドル歌手となります。
そして、昭和61年 《 スケバン刑事Ⅱ少女鉄仮面伝説》で主人公:2代目麻宮サキに大抜擢!
このドラマがキッカケとなって一気にブレイクしました~



 そして今回紹介する、1986年(昭和61年)1年分24冊がこちら
DSCF5090
 前年にデビューしたおニャン子たちが表紙を飾るようになってきました。
おニャン子関連の特集記事が増えるなどおニャン子パワーが炸裂した1年でした。
初表紙は、ナンノこと南野陽子さんと、ゴクミこと後藤久美子さんのお二人。

では、今回もこの全24冊の中からピックアップして紹介しま~す




鈴木保奈美さん19才
 昭和61年5月8日号より
001

001 (2)

001 (6)
 やっぱ黒い! この当時はみ~んな黒い(笑)

鈴木保奈美さんは高3の時、ホリプロスカウトキャラバンに応募し、
応募総数12万人の中から審査員特別賞を獲得してのデビューでした。

デビュー初期は、
カネボウ化粧品の水着CMや、当時全盛期だったトレンディードラマに出演し、
ジワジワ知名度を上げていきました。

そして、、
あの日、あの時、あの場所で、ブレイクストーリーは突然に。。(笑)
1991年に社会現象になった伝説の月9ドラマ
《 東京ラブストーリー 》に大抜擢されたのです!

『 月曜の夜、街から女性たちが消える ?』

そ~なんです!
昭和の一時期、、ある日突然女性たちが消える神隠し現象が起こったのです。
本当に街から若い女性たちが跡形もなく消えてしまった!
実際は女性だけでなく男性もです。。

そんな怪奇現象(笑)を起こす原因となったのが、
当時の若者に圧倒的な支持を得ていた月9ドラマ《東京ラブストーリー》
この時代に生きた全ての若者がこのテレビを観ていたのかも。。
最高視聴率も驚異的な32,3%

また、、
ドラマの劇中、いつも絶妙なタイミングでかかる主題歌【 ラブストーリーは突然に 】
これまた凄かった~ インパクトが強烈過ぎて心臓に悪いくらい(笑)
私は、、この絶妙のタイミングで流れるこの曲で何度鳥肌がたったことか。。
この主題歌の売上げ、当時の日本最高記録となる270万枚


まさに社会現象でした。
〔赤名リカ〕役を演じ、一躍時の人となった鈴木保奈美さんは、
ドラマ終了後も、次々と主役級に抜擢され女優としての地位を確立していきました。

私生活では、、
1994年にF1解説者の川井一仁さんと結婚しますが1997年離婚。
1998年に《 とんねるずのみなさんのおかげでした》の共演をキッカケに、
石橋貴明さんと交際がスタートしまして再婚 ♪
結婚後は芸能界引退を発表し、3人の娘を出産し専業主婦として生活していました。

現在は52才になられていますが、超美魔女さんです。
わたし、現在放送中の織田裕二さんと27年ぶりの共演ドラマ【 SUITS 】を観ています。
・・・が、どうもシックリこないのですよ。。

既にネットで言われている事ですが、《 続・東京ラブストーリー 》を期待しています。
私も、27年後のリカカンチが観たいで~す ♪





大西結花さん18才
 昭和61年12月11日号より
001 (7)

001 (8)

001 (9)

001 (10)
 デビュー2年目、18才の大西結花さんです。

中学生の時、地元の大阪でスカウトされ中学卒業後に上京。
16才でテレビドラマ《家族の晩餐》のヒロインオーディションに合格し女優デビュー!
その後まもなく、デビューシングル【 アラベスク・ロマネスク】でアイドルデビュー!
キャッチフレーズは不思議チック少女〕。

そして、、
1986年から始まったテレビドラマ《 スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇》でブレイク
劇中では風間三姉妹の長女役を演じました。(次女:中村由真、三女:浅香唯)

ドラマ内で生まれたアイドルユニット《風間三姉妹》では、
同ドラマの主題歌【 Remember】をリリースし、オリコンチャート1位を獲得!
《風間三姉妹》としてコンサートツアーを行うなどし一気に知名度を高めました。


 夜ヒット出演時の風間三姉妹です。
https://youtu.be/6mgJSiZIi3o
(映像お借りしました)

その後、1990年代以降は女優業に専念するようになります。

・・が、1998年、
当時ワイドショーを騒がしたあの事件に巻き込まれます。
所属事務所が借金を残し倒産。。
更に事務所社長が蒸発し行方不明!

この当時30才だった大西結花さんは連帯保証人になっていたため多額の借金を背負うこととなります。

その後、実家にまで借金取りが押しかける事態となったため、
数千万円の借金返済のため、ヘアヌード写真集を出版するなどしました。

また、芸能活動とかけ持ちで2000年からレーサーにも挑戦し、
《大西結花 With Challenge Girls》として全国のレース場を飛び回りって
キャンペーン活動をするなど、ご苦労されて借金は完済したそうです。


そして、、2012年、17才年下の一般男性と結婚
このご結婚された一般男性というのがとても良い人だったらしく、
大西さんがインタビューで語っていました。
以下に引用します
「 男勝りの私を小さな女の子のように守ってくれ、
嫌なことも笑顔にしてくれる頼もしい人です。
一人ではないという心強さも教えてくれました。」


この結婚は、30才からの不遇の時期を逃げ出すことなく頑張って乗り越えた大西結花さんへ、
神様からのご褒美だったのでは。。と私は思います ♪

無題
 こちらは6枚目のシングルです。この時の大西結花さんめちゃカワです ♪


現在は50才になられていますが、
現在も風間三姉妹の3人は仲が良く、3人でイベントを開催しています。
プライベートでも由真さんが帰国した際には必ず集まってお食事したりするそうです。
※中村由真さんは現在ロサンゼルスに住んでいます。

因みに私、、リリアンの由真派でした。。←コレイラナイ



少女隊
 昭和61年4月10日号より
001 (2)

001 (5)
 MIHOとTOMOの名前が逆になってます

001 (6)

001 (7)
 デビュー3年目の少女隊です。
初期メンバーのチーコさんが椎間板ヘルニアにより脱退し、新メンバーのトモさんが加入しています。

少女隊は1983年にオーディションにより選ばれた3人組ユニット。
キャッチフレーズは胸騒ぎ ザワ ザワ ザワ〕 〔 一心同体、少女隊〕。

デビューアルバム《少女隊Phoon》は、
山口百恵・ピンクレディーを手掛けた都倉俊一さんがプロデュース、
アメリカの一流ミュージシャンが参加してレコーディングするなど大掛かりなものでした。


 オール・アメリカロケ制作のデビュー曲〔FOREVER~ギンガムチェックstory~〕
https://youtu.be/iu6fXut0aJM
(映像お借りしました)

デビュー当初は、
テレビに露出しないという戦略がアダとなりブレイクに至りませんでした。
1985年からヒットメーカーの秋元康さんと手を組み大幅な方向修正により、
3枚目のシングルから徐々に人気が上昇し、念願の〔ザ・ベストテン〕にランクイン

当時としては異例のアジア向けのマーケティングを展開します。
実際のところ、日本よりアジア各国の人気が高かったそうで、
1986年と1987年には、東南アジアツアーで大成功を収めています。

巨額投資による大型デビューから、
紆余曲折を経てやっと少しずつ売れ出し、
東南アジアでは多くのファンを獲得していた少女隊ですが、、
ほどなくして解散してしまいます。。

その後、メンバーはバラバラになりソロで活動していましたが、
1999年に一度だけ、《1999少女隊》として再結成しています。


そんな少女隊の4人ですが、現在はどうされているのでしょうか?


調べました~♪
まず一人目は、
〔少女隊のミホ〕こと藍田美豊さんです
2
 左が娘の入夏(いるか)さんで、右がミホさんです。

ミホさんは、現在49才になられていています。
ご結婚されて3人の子供さんがいます。
そのうち長女の入夏(いるか)さんは現在ファッションモデルとして女性誌などで活躍中。
それにしても、、ミホさんが若~い?
娘さんとのツーショットも、まるで美人姉妹って感じですね ♪

脱線しますが、、
俳優の福山雅治さんは若い頃、ミホさんの大ファンだったらしく、
少女隊のバックバンドになりたくて18才の時に上京しました。
芸能界に入った理由は、ミホさんに会いたかったからだと打ち明けています。
以上、ネットで見つけた情報でした



続いて、、
レイコこと安原麗子さんです。
3
 現在、49才になったレイコさんです。
少女隊を解散後は女優や声優をやっていたそうです。

レイコさんはご自身でブログをやってました。
拝見したところ、息子さんと一緒に暮らしている様子が分かりました。
息子さんが剣道をやっていて強い!レイコさんも応援に行っているようです ♪

お仕事では海外ドラマやアニメの声優さん、ナレーター、朗読劇など
レイコさんの特徴でもあった魅力的な声を生かしたお仕事をされているようです。


続いて、、
チーコこと市川三恵子さんです。
4
 現在、49才になられたチーコさんです。

少女隊を椎間板ヘルニアで脱退した後は、
そのまま引退し芸能界に戻ることはなかったようです。
重度の椎間板ヘルニアであったため、完治するまで長期間の治療とリハビリを続け、
松葉杖なしで歩けるようになるまで1年半もかかりました。

その後は、、
22才で理容師の一般男性とご結婚されました。
28才の時には、お店を構えチーコさんも理容学校に通い免許を取得されました。
現在も夫婦円満で理容室を営んでいました~ ♪


最後に、、
トモこと引田智子さんです。
5
 現在、46才になられたトモさんです。

解散後も芸能界に残り、暫らくは歌手・声優・グラビアモデルとして活躍されましたが、
1999年、結婚されたことをキッカケに芸能界を引退してます。

そして現在の職業は、化粧品販売会社ソシエテ・ル レーブの責任者をされています。
因みにトモさんって、マジシャンとして有名な初代引田天功さんの娘さんだったんですね。
・・初代引田天功さんって実はあまりよく知らなかったので調べたところ、
大規模な脱出マジックを得意としていて、当時のテレビ放送では高視聴率だったそうです。

以上、、少女隊4人のその後でした~♪
安原麗子さんのブログには、元少女隊4人のオフショットが載っています。
現在も4人は仲良しなのですね~ ♪

 最後にもうひとつ、《ひょうきんベストテン》に出演時の映像です。こっちもオモシロ懐かしいです♪
https://youtu.be/to9VKGVuhyA
(映像お借りしました)



原 真祐美さん20才
 昭和61年12月11日号より
001 (2)

001 (5)
 20才の原 真祐美さんです。

中学生の頃、地元の札幌でショッピング中にスカウトされ、
モデルとしてCMやポスターなどで活躍されていました。
15才の時、ホリプロスカウトキャラバンに応募し、
北海道代表として全国大会進出を果たしました。

16才で大手芸能プロダクションにスカウトされ上京。
妹みたいじゃだめですか?〕のキャッチフレーズでアイドル歌手デビュー
サードシングル【 Bey、bey、september】はFNS歌謡祭で優秀新人賞をはじめ
日本歌謡大賞放送音楽新人賞などその他多くを受賞されています。

女優としても、数々のドラマに出演していましたが、堀越学園卒業後はあっさり芸能界引退。。
引退して1年後にヌード写真集《 彩どり 》を発表しますが、、
この写真集を最後に地元である北海道に戻ってしまいました。

活動期間は短かったのですが私はよく憶えていて、
三角形の小顔で笑うとえくぼができる可愛い女の子というイメージが残っています。
今回、こちらの雑誌GOROを読み、ヌード写真集を出していたと知ってビックリしています。


wakattemairabu

 原 真祐美さんの5thシングル〔 わかってマイ・ラブ〕です。
https://youtu.be/_gn3smP9djo
(映像をお借りしました)

現在は52才になられていますが、
地元の札幌で実家の建築業を継いでいるようです。
ご結婚はされていないようですが、今も近所で評判の美人さんだそうです ♪



伝説のAV女優デビュー!
秋元ともみさん18才
 昭和61年10月9日号より
001 (6)

001 (7)

001 (9)

001 (5)
 18才の秋元ともみさんです ♪

高校在学中に原宿でスカウトされ、
当初はファッションモデルとして活動していたそうです。

AVアイドルとなったキッカケは、、
全日本ビデオソフト協会主催による〔 ビデオクイーンコンテスト〕
このコンテストで審査員特別賞を受賞したことでAVデビューします ♪
そして、宇宙企画との間で当時のAV業界では異例の専属契約を結びました。

秋元ともみさんのAV内容は、
超ソフト路線でイメージビデオと言ってもいいものでした。
成人指定とはなっていましたが性行為の描写は最低限に抑え、
カラミのシーンは完全にカットしてあって、ビデオの中で歌を歌ったりお散歩したり(笑)

・・・が、
デビュー作《 卒業します》、2作目《 青空に星いっぱい》、3作目《 少女神話》は、
いずれも2万本を売り上げる大ヒットとなります。
この年(1986年)のAVアイドル人気投票1位を獲得し知名度はバツグンでした~ ♪

もちろん私も、健全な当時の男子なのでよ~く知っています。(笑)
AVと思って観たのに、、、かなりガッカリした記憶が蘇ります
いつも、いつ行っても貸出中で、や~っと借りれたのに。。。← おバカ

秋元ともみさんは、そんな純真な青年(笑)の心を弄ぶかのように躍進します。
翌年には《 オールナイトフジ》のレギュラーを務めたり、
〔少女神話〕という曲でアイドルデビューしてみたり、
学園祭シーズンには多くの大学からのオファーに引っ張りだこ状態。
AV女優としては初めてのLPも発売されています。

とまー色々ありましたが、、
秋元ともみさんは当時の若者なら誰もが知っている有名人でした。
その理由は、ビデオデッキが普及してお求めやすくなった事、
レンタルビデオの料金がそれまでの千円台から一気に500円以下になった事、、
そういった背景があってAVブームが一気に加速したためです。

この1986年だったから、このタイミングがあったから、
伝説のAV女優秋元ともが生まれたのだと思います。


秋元ともみさんのインタビュー記事を紹介します。
2016年に週刊FLASHのインタビューを受け、
AV女優をやっていた当時のことを赤裸々に語っています。
(以下、記事をそのまま引用させていただきました)

秋元ともみ【 AV出ても、給料制だったからいつも金欠

「デビュー作から3本目まではS〇Xはおろか〇ェラシーンさえないような
作品だったので、『これで抜いてもらえるのかな~?』って心配でした」

そんな彼女の不安をよそに、“卒業三部作”といわれるデビューからの3本は
いずれも2万本に迫る大ヒット。

「でも私自身は給料制で、月給はたったの15万円……。
同じ事務所のコでも、稼ぎの低いコはなぜかギャラ制でした。

テレビに出るときの衣装は自前だったからいつもお金がなくて、
休日のお昼はインスタントラーメンで、恥ずかしい話ですけどスープの残りを
夜まで取っておいて、夜食はそれをお茶漬けにして食べたりしてました(笑)」

表舞台から遠ざかること20年以上。仕事仲間に迷惑がかかるため
現在の勤め先については語れないというが、夜勤もあるかなりキツい仕事だ。

「男性も多い職場なんですけど、同僚の男性を恋愛対象として考えたことは
ないかな。だから結婚は……もう無理ですね、うふふふふ。好きだ嫌いだの
って面倒になっちゃって」

とはいえスレンダーボディに癒やし系の甘い声は今も健在。
熟女女優で復活、なんて話は、やはり夢かな。

P R O F I L E
あきもとともみ 1967年12月1日生まれ 
全日本ビデオソフト協会主催による「ビデオクィーンコンテスト」で審査員特別賞
を受賞し、デビュー。当時としては異例の「専属契約」を宇宙企画と結び、話題と
なった。映画『マルサの女』に出演経験のある女優である

(週刊FLASH 2016年10月25日号)

引用させて頂きました

私、ビックリしました。。
1986年ってバブル期の入口だったはずなのに。。
AV女優さんってもっとバブリーなのかと思っていました。
そしてもっと驚いたのは、このAV女優をされていた当時、自宅にビデオデッキが無くて、
自分のビデオを見た事が無かったそうなのです。

何はともあれ、、私的には秋元ともみさんを久しぶりに見れて良かった ♪
現在、50才になられていますが、一般人として生活されているようなので、
お幸せに暮していることを願っています。




では、ここから~
ちょっとだけ
気になる広告コーナー ♪


セーラー服反逆同盟
『 あたいについてきな!』
 昭和61年10月23日号より
001
 テレビ放送スタートの広告です。

実は、このドラマ観ていませんでした。。
なのでドラマについては、何も気になるところは無いのですが(笑)
主役?の仙道敦子さんは好きでした~ ♪ ←ソコ

今年7月スタートの連続ドラマ《この世界の片隅に》で、仙道敦子さんを久しぶりにテレビで観ました。
主人公の母親役で出ていましたが相変わらずお綺麗でしたよ。
この《この世界の片隅に》はアニメ映画で観てとても感動したので、
連続ドラマになると知って、放送が始まる前から楽しみにしていました。
実写化されたドラマも、配役も良く原作のイメージ通りで安心して観れました。


今回、気になる広告はこちらだけでした~。
電化製品等、たくさんあるのですが前年までと特に変わり映えしません。



ではでは~、

注目記事ベスト3



第3位
BOØWY 大ブレイク!

『 武道館公演?柔道やるところだろ、意識しないよ』
 昭和61年5月22日号より
001
 人気絶頂期のBOØWYさんです ♪
BOØWYはインタビューのオファーをほとんど拒否していました。
だから、、雑誌GOROはスゴーイ!
今回ブログ書くため読み直さなかったら気が付きませんでした。

この時のメンバーの年齢は、、
氷室京介さんは25才、布袋寅泰さん23才、松井恒松さん25才、高橋まことさん32才。
この1986年はシングル《 わがままジュリエット 》 《 B・BLUE 》
アルバム《 JUST A HERO 》 《 BEAT EMOTION 》 をリリースし絶好調~

私が初めてBOØWYを観たのがこの頃、
深夜番組【 オールナイトフジ 】のミニコンサートのコーナーでした。
その時は1曲目B・BLUE、2曲目BEAT SWEET、3曲目ONLY YOUの3曲!
一気に夢中になりました~♪
特にONLY YOU は一目惚れでした。
その後何度この曲歌ったことか(笑)
この当時私の部屋にあった大きな鏡の前で、すっごく練習しました~。
ヒムロックの声マネ&右足ピクピク&腰フリフリ

ですが、、もっと好きな曲っていうかBOØWYの中で一番好きな曲は 《 Dremin’ 》です。
私のたくさんある18番中の18番です  ←言うのはタダだから(笑)


 ONLY YOU です。いつも愛はすり抜けたけたけーれど~ ♪
https://youtu.be/UW_SQFAuC6c
(映像お借りしました)

 DRERMIN’ です。この曲がBOØWYの中で一番好きです。
https://youtu.be/gERcWyjDXOg
(映像お借りしました)




活動期間は、1982年のデビューからたった6年間、しかも絶頂期の解散でした。。
解散の映像は何度見ても胸が詰まるものがあります。
※ 私もこのDVDを持っています。

 解散を発表した歴史的瞬間はこんな感じでした

1987年12月24日、
ツアー最終日の渋谷公会堂にて。。


2度目のアンコールの渦の中、、
突然、氷室京介が切りだします。
『 今日はみんなにちょっと言わないといけないことが一つあります』
その瞬間、弾かれたように湧き上がる悲鳴のようなどよめき

『 6年間、、、、、6年間、、、、』
悲鳴が鳴り止まず、何度言いかけても氷室さんの声がかき消されます。

『 6年間、BOØWYをやってきました。誰が何と言おうと一番カッコイイバンドだったと思います。
高橋まこと、松井恒松、布袋寅泰、氷室京介が、4人が、、、、、、、』
( 感極まって声を詰まらせます)

『 4人が思いっきり4人で出来る音楽を6年間やってきました。これから一人一人が、
一人一人のために、今まで4人でしか出来なかった音楽をやってきたように、
一人一人、これからやっていこうと思います。』
( 突然、沈みかえる場内)

『 フォークのバンドじゃねえんだから、ジメッとすんのは似合わねぇと思うから、
最後にビシッと贈るぜ!DREAMIN´!』
( 再び湧き立つ観客たち)

・・・この《 DREAMIN´ 》が凄かった。
最後の力を振り絞った満身創痍の《 DREAMIN´ 》、
各メンバーが今できる最高を全て出し尽くそうとしてることが観ていてわかりました。

泣きながら歌いまくる観客の歌声が怒涛のように反響して、、ものスゴくて、、感動で鳥肌が立ちました。
場内はメンバーとファンが一体となったドラマチックな空気で満たされていました。。

そしてこれが、伝説のロックバンドが終止符を打った歴史的瞬間でした。


誰のマネもせず、メディアに媚びず、メディアを利用しようともせず、
ひたすら強気でトンガって、頂点を極めたら潔く散る。
それ故に、BOØWYは伝説であり続けることが出来たのだと思います。


・・・何度も書き直し、、何度もDVDを見直しながら、、この記事書いてみました~♪
臨場感が伝わっているといいのですが。。




第2位
秋元康さん27才

『 キミよ、大ブロシキ野郎たれ!』
 昭和61年1月1日号より
001 (5)

001 (2)
 27才の秋元康さんの記事です。

この記事のタイトル『 キミよ、大ブロシキ野郎たれ!』は、この時期の秋元さんご自身の事。
私自身、もっと若い時に読みたかったな~って思える内容です。
説得力もあるし、生々しいぶっちゃけ話しもあって魅力的です。

この記事は秋元さんが27才の時のものですが、
この時点で既に、ザ・ベストテン、オールナイトフジ、夕やけニャンニャンなどの
超人気番組の放送作家を任され、ザ・ベストテンにランクインしている歌手の半数以上が
秋元さんによる作詞・プロデュースとくれば~
まさに飛ぶ鳥を落とす時代の寵児!


そのサクセスストーリーをサラッと紹介しま~す ♪

秋元康さんがまだナニものでもない、タダのラジオ好きの高校2年生の頃、
たまたま聞いていたラジオ番組が面白くなかった。。
そこで、自分で考えた番組台本を勝手にその番組宛に送りつけたのです!

そう!この一見失礼極まりないこの行為こそが、全てのはじまりのはじまり。。

そしてその台本を、、、
当時は一介の社員で、のちに社長となる亀渕昭信さんの目に触れたところから、、
事態は思わぬ方向に転がり出します。

後日、ラジオ局に遊びに来るよう言われ、
ラジオ局専属の放送作家チームに弟子として入ることとなるのです。
この時まだ高校2年生なんですよ~。
そして~高校在学中に放送作家として番組を担当するようになります。

その後、中央大学文学部に入学するのですが、、
大学2年生の頃にはラジオ10本、テレビ7本の担当となり、
50万円~60万円もの固定収入を得るようになっちゃうんです

その後、、秋元さんは放送作家だけでは物足りなくなり、、
作詞を手掛けるようになっていきます。
稲垣潤一さんの《ドラマチックレイン》長渕剛さんの《GOOD-BEY青春》などが
作詞家となって初期の作品です。

それ以降の快進撃は皆さん知っての通り。
秋元さんが作詞を手掛けたものは魔法のように売れるんです!

では、現在までで、どのくらい売れたのか??


ビックリしますよ~


な、な、なんとーー!


週刊チャート1位を獲得したものだけでも170曲を越えているんです~




・・・もぉ~養子なる!高井麻巳子さんをママと呼ぶ!チャンチャン(笑)






第1位
聖飢魔Ⅱ

『 親の仕送りもらいながら、世界征服狙ってます』
 昭和61年2月27日号より
001
 早稲田大学に在学中だった頃の聖飢魔Ⅱさんです。

蝋人形の館でブレイクし、これまた飛ぶ鳥を。。。
もとい!え~っと、飛んでるコウモリを落とすイキオイの~
悪魔だけにね ♪ ←やめんかい!


でもホーント、デーモン小暮さん大好きだったですね~♪
MCとか、アドリブのセンスとか絶妙だったです。
ホント面白くてワクワクしながらテレビの前に噛りついて観てました。
この当時リスペクトしてました


で、記事の方ですがいつものあの調子です。
そう!世を忍ぶ仮の姿のくだり。。斬新だったな~ ♪


現在、デーモン小暮さんは10万と55才になられています。
芸名も、デーモン小暮 → デーモン小暮閣下 → デーモン閣下と変遷しています。
現在の職業は、ミュージシャン・マルチタレント・ジャーナリストと、、、悪魔です(笑)

デビューして33年経っていますが、、
2年前に開催したコンサートでは観客の数が、
《 蝋人形の館 》を歌っていた頃よりも現在の方が増えてるそうです。
それは、ネットで昔の映像を観た現代の若者たちが見に来ているのだといいます。

聖飢魔Ⅱは期間限定で定期的に再結成をしていますので、
次回の再結成時には、私もコンサートを観に行けるといいな~。

 デビュー当時の《 蝋人形の館》です。古館伊知郎さんとのやり取りが楽しい~♪
https://youtu.be/bCog7p6zkVQ
(映像お借りしました)


以上、《 雑誌GOROの時代 その12 》でした。
最後まで読んで下さった方、本当にありがとうございました。

にほんブログ村