トリック オア トリート ♪

今朝のことですが、一応ハロウィンなので、、

『 お小遣いくれなきゃイタズラするぞ~♪ 』

って妻に言ったら、

『 忙しいからあとにして!』って言われました。。。(笑)



こんばんは、お宝お直し職人です。

またまた古いガラクタ君を頂きました。

ダンボール1個にギッシリ詰まっていました。。

それを毎晩コツコツとお直し中。

DSCF4943

ここ最近は、超合金を集中的に直しています。
押入れ発掘品は傷だらけのものが多く、
手足がちぎれていたりロケットパンチが無くなっていたり。。
そういったガラクタ君たちを夜な夜な直しています(笑)

たま~に、、レアな逸品が紛れていたりします

これ1
 がんばれロボコンのヒロイン、ロビンちゃんです

このロビンちゃんは、着ていたお洋服がボッロボロ、、身体も傷だらけ。。
お洋服は洗濯しても破損状況が酷いため修復不可能でした。。

そこで、、身体は研磨してサビを落としてから塗装し、
お洋服は洋裁好きな実家の母にお願いしました。
ネットからオリジナル完品画像をプリントして母に渡し、
その画像を見ながら仕立て直してもらいました。
ロビンちゃんを採寸して、型紙から起こしてくれたそうです (^▽^)/アリガトー

 お手本としたデッドストックの完全オリジナル画像です。
88
 45年前のデッドストックなので少し黄ばみが出ています。(画像お借りしました)

 材料は近所の手芸屋さんで購入。
DSCF4770
 この材料と上のオリジナル画像を実家の母に渡して2日後完成。

では比べてみましょう♪

ロビン比較
ウチの母、、ほんと上手
はじめて母に心から感謝の気持ちを伝えました(笑)


この《超合金ロビンちゃん》ですが、テレビ放送当時(1974年~1977年)、
超合金玩具としては全然人気がありませんでした。。

その理由は、、、
実際の島田歌穂さんが演じていたロビンちゃんと全く似ていなかったこと、
っていうか見た目がまるでリカちゃん人形だったから。。
男の子が持つには抵抗があったのです。

・・とまー、当時はそんな不人気な超合金ロビンちゃんでいたが、、
不人気が故に出回っていなかったため残存する個体が少なかった。
そのため、現在の超合金事情ではレア度が高く入手困難。

 コチラは某オモチャ買取店のホームページ
無2題
現在ネットで公開されている【 がんばれロボコン 】の超合金シリーズの買取り価格一覧表。

ロビンちゃんの買い取り額が30万円!?
買取りがコレだといくらで売るつもりなの~?
調べてみましたら、エゲツナイ販売履歴がでてきました。・・・コワっ!


超合金も、、、
70年代の昭和っ子たちを夢中にさせた昭和を代表するマストアイテム!
ソフビ人形、ミクロマンと同じく大ブームを起こしました。
今回の発掘を機会に屋根裏保管となっていたものを引っぱり出し、
超合金を少しずつ整理しようと思っています。

腕が取れてるものは、ドリルで穴を開けボルトで留めたり(内側です)、
更にパテ埋めして、ヤスリ掛けして、塗装もします。
ネットを見るとデッドストック??
って思える程、完璧なレストアをしている人も見かけます。
私もヘタクソながら、出来る限りオリジナルに忠実に復元しています。

私の修復方法はこんな感じです
DSCF4861
 ゲッターロボのゲッター2です。(左側:2期、右側:1期)

見ての通り、右側の1期バージョンのドリルが欠品しています。
このドリルをネットで探しても、まず見つかりません。
どうしても欲しい場合は完品を購入するしかないのですが、、めちゃ高い(泣)

なら、、作っちゃえ(笑)

ってことで、今回作るのはコレ
DSCF4876
 2期のドリルと1期のドリルは形状は全く同じ、接続部の径が微妙に小さく異なります。
ならば、、複製を作って最後に接続部だけ微調整すれば問題な~い ♪

用意するモノはこちら
DSCF4933
 型取りする《 おゆまる 》324円と、造形パテ《 モリモリ40 》560円を使います。
お値段は1000円以下で、今回のドリルなら10個は作れます。
完品を買ったら数万円もしますが、これなら千円以下です。
当初、3Dプリンターも考えましたが、コチラの方が断然安くて精度が高いんです。


★手順①
DSCF4883
 《おゆまる》を温めて柔らかくし、ドリルパーツを包んで型取りをします。
※気泡が入らないように上手に包みます。。

30分程で固まりますので、真ん中にカッターで切れ目を入れ型取りパーツを取り出します。


★手順②
DSCF4889
 パーツを取り出して空になった型に造形パテ《 モリモリ40 》を充填しセロテープでとめます。
今回使用した造形パテは硬化時間が30分なのでスグ固まります ♪
※硬化剤の分量を間違えずに手早くやらないと失敗します。


あとは、おゆまる君から取り出して~はい完成!
DSCF4909
 あっという間に複製が出来ます。

最後に、本体との結合部を慎重に削って整え、色を塗ったら完成

複製した〔 ドリルパーツ 〕を本体に取り付けてみました~♪
                
DSCF4962
 左のドリルがオリジナル、右が複製ですがどうでしょう?
オリジナルは経年劣化によりメッキが剥げているので、このあと銀メッキ塗装をします。
※因みに、腕の色が違っていますが、1期・2期共にオリジナル色です。



・・・とまーこんな事を帰宅後ほぼ毎日、、
寝る前の1時間と決めてコツコツやってま~す!
なので、、ここ2カ月間、ほのぼの昭和館は超合金レストア工場になってま~す。(笑)
DSCF4984
 写真を撮るため、ある程度整理しましたが普段はもっとゴチャゴチャです


現在所有している超合金は、レストアが完成しているものだけで約50体。
未完成のものが30体くらいあります。
ダブっているものも多いので、部品取りにしてるものもあります。
でもって、そろそろお披露目したいと考えています。

ってことで、、超合金でDIY~♪ でした。




ではでは、本日のメイン!

芝奴隷日記いきまっせ~ ♪


前回が8月31日(金)まで、今回はその続き。。
9月に入って芝生の成長が遅くなってきたため2週間ごとの芝奴隷でした。

まずは、
9月14日(金)【今年度16回目】
 刈込み前
DSCF4195
 前回から2週間置いているため結構伸びています。
この時は、台風の影響により芝の上に落ち葉が散乱しています。

 刈込み後
DSCF4216

前回(8/31)の芝刈り時、芝が弱ってきていることを感じたため、
予告通り、芝生の活性剤を購入しました~♪

 園芸担当者さんに聞いたところ春先に撒いたものと同じものを勧められました。
DSCF4200
 有機肥料なのでチョット臭いがあるんですよ~m(。≧0≦。)m

DSCF4210
 施肥後は水をたっぷりとの事なので、しっかり大量に水撒きをしました。


続いて、
9月23日(日)【今年度17回目】
 刈込み前
9.23 1
 有機肥料を撒いて9日目の状態です。
まぁ~すっごーい!芝の緑が鮮やかになった~♪

・・・ような気がします。。(笑)

9.23 2
 刈込み後感想、、9月下旬なのでまぁ~こんなもんでしょう ♪


続いて、
10月6日(土)【今年度18回目】
 刈込み前
10.6 1
 10月に入って急激に成長が遅くなった事を実感しました。

 刈込み後
10.6 4

刈込み後の写真を撮っていたら大きなカマキリ君が飛んできました。

10.6 6
なんのお構いもできませんが、よかったら遊んでってくださいな ♪
お腹が大きかったので、もしかして卵を産みに来たのかな??


・・と、、そんな事より深刻な問題が発生しました。。
10.6 5
めっちゃ破れてる~ しかもデカイ!!
今年は度重なる台風の影響で、ネットがまたまた破けてしまいました。
今まで子供たちのボール遊びで何度も破られ、、その都度修繕を繰り返してきました。
専用のキットで自分で縫うのですが。。。

年数もかなり経っているのでネットの繊維自体も弱くなってきています。
そろそろ来春あたり新品ネットに張り替えが必要ですね。。



続いて、、
10月18日(木)
この日、芝刈りの予定でしたが1回見送り。
前回(10/6)から約2週間経っていますが殆ど伸びていません。
10.18 1
ここにきて芝生の成長が完全にストップか??
写真だけ撮って、様子をみることにしました。


・・・で更に1週間後、、
10月24日(水)【今年度19回目】
 刈込み前
10.24 2
 前回の刈込みから3週間経っていますので一応やることにしました。

10.24 4
 刈込み後、、、ほとんど変わり映え無し。。

 刈取り量も少なく、、枯葉が目立ちます。
10.24 3
 3週間置いても殆ど伸びなくなりました。
次回からは刈り込み周期を1ヶ月毎に変更してみます。

玄関先に置いてあるプランターはこんな感じ。クマさんも元気 ♪
10.612
こちらも、芝生の施肥をしたタイミングで活力剤を散布しています。

現在では、我が家に唯一1つだけ残っている〔季節の花〕用プランター。
今まで毎年9月中には枯れていましたが今回は長持ちしています♪
もっと寒くなって枯れてしまったらパンジーに選手交代です。


ウチの芝生は姫高麗芝という種類です。
気温が10℃を下回ると成長が止まり、茶色く枯れて休眠状態に入ります。
来春になって、気温が15℃以上になると再び成長が始まり新芽が出始め、
青々とした青芝になるのです。

現在の芝高は春先からずっと12.5㎜で刈り込んできました。
冬期は芝高を50㎜まで伸ばして寒さから根を守る必要があります。
そのため、これからの時期は刈り高を少しづつ高くしていかなくては。

今年の芝奴隷日記では、今回までで19回の刈込み報告をすることができました。
芝奴隷となる覚悟を決めた最初の年ですから当然です ♪
芝奴隷日記は、芝生もほとんど手が掛らなくなってはきましたが、
もう少し寒くなって芝の成長が止まり黄金色に色づくまで続けたいと思っています(^▽^)/


以上、《 芝生管理人日記 その7 》でした。
最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。
毎回長々とごめんなさい。

にほんブログ村